LAGDIA WEB SITE

マジックサイズ

商品には性質で分けられた尺度と生産都合で作られた尺度があります、リンゴの「特選」「特秀」「秀」お肉の「A1」「A5」などは商品の質により訳らた尺度で、服の「S」「M」「L」「LL」は生産都合で作られた公約数的に最も効率的であるとして作られた尺度です。

ダイヤモンドの場合も公約数的な尺度があり、0.25ct 0.5ct 0.75ct 1.0ctと重量の境界が存在します、この境界は「マジックサイズ」と呼ばれており、お客様はダイヤモンドを購入する時にご予算とこの重量の尺度をで商品をお探しになる事になります。
せっかく購入するなら、ギリギリ境界に届かないような石目のダイヤモンドは敬遠しくなりがちで...

人気が高い = 需要が高い = 調達しづらい = 価格が高い と負のスパイラルとなっています。

私もかつて地中で育ったダイヤモンドを購入したことがあるのですが、店員さんは「ご予算に合わせると4Cのどれかを妥協するしかない」とごもっともなアドバイスを頂きました。

ラボグロウンダイヤモンドでも共通の問題を有していおり、マジックサイズのルースを安く入手することは容易ではありません。
しかし、私自身が感じたあの時の思いを、お客様に味わせたくない一心で、調達活動を行っております。
0.1ctダイヤモンドの直径はおよそ3mm。
このサイズのダイヤモンドが日本人が最も使い易いベストサイズと言われています。
ゴージャスにドレスアップしたいときはもう少しお石を少し大きく。
お客様の輝きに負けないように、ダイヤモンドにも輝いてもらいましょう。

LAGDIAでご提案させて頂く品質のダイヤモンドをもし地中で育ったダイヤモンドで探した場合はかなりのご予算オーバーになる事は必須です。
ラボグロウンダイヤモンドならではの価格メリットで、お客様のお使いいただくシーンに合わせて、複数お持ちいただけるよう努めて参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です