LAGDIA WEB SITE

ダイヤモンド評価基準 4C について(鑑定書の見方)

お問い合わせ頂いたクライアント様からダイヤモンドの良し悪しの評価基準「4C」についてご質問頂きました、業者間では当たり前に使っている用語ですし宝石関連にお詳しい方なら既知であろうと思われますが、全くの畑違いのクライアント様でしたので少なからず新鮮味を感じました。

今日はダイヤモンドの評価基準「4C」についてを記事に致します。
「4C」とは、ダイヤモンド(ラボグロウンダイヤモンドを含む)の品質(グレード)を表す単位となっています、品質カテゴリーは「4」つあり頭文字が「C」である事から「4C」と呼ばれています。
そのカテゴリーの内容は、

Carat カラット 重さ
Color カラー
Clarity クラリティ 透明度
Cut カット 研磨技術

この4つのカテゴリーが高い物がより品質の高い物とされています。
特殊なColor(色)ダイヤの産出量は全ダイヤの1%程度であり、他の3カテゴリーは相反する要素で例えばCaratが高い(重く大きい)ダイヤではその容積から成長過程において不純物や異物が混入し易くClarityが低く(不純物混入及び傷)なりがちで、大きいダイヤをCut研磨するには長い経験と高い技術を持つ希少な職人しか加工する事が出来ません、以上から4カテゴリー全てに最高評価を得られたダイヤモンドは極めて少なく大富豪を除けばミュージアムでしか見る事が出来ません。

LAGDIAではIGIGIAなど国際的鑑定機関により発行された鑑定書をお付けする予定です。
この2社は、グレーディング(鑑定)の際にラボグロウンダイヤモンドである事を示す為にルース(カット済みダイヤ単体)側面にレーザー刻印しております。

LAGDIAが取り扱っております全てのラボグロウンダイヤモンドには、この鑑定を依頼することが可能です。
地中で育ったダイヤモンドと同じくどんな石でも鑑定を依頼することが出来ます、ただし鑑定料以下の価格と判断された石に鑑定書を作成する事はありません、例えば、0.01ctのダイヤモンドがありこれを鑑定したいとした時ピンクダイヤなど極めてColorグレードが高い場合を除き、通常は鑑定料の方が高くなり結果としてお客様にご負担させてしまうことになるからです。

LAGDIAの使用するラボグロウンダイヤモンドは、一部を除きすべての商品に鑑定書を御用意し品質の高さお客様にお伝えし致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です